The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

ラブライブ!サンシャイン!!2期11話「浦の星女学院」~楽しい時間の終わり~

ラブライブ!サンシャイン!!2期11話「浦の星女学院」の感想を書いていきます。2期も終盤に差し掛かった今回は、どんな話だったのか振り返ってきたいと思います。

 今回は考察要素もあまり無いので、思ったことを書き連ねていきます。

 お品書き

1.本話の感想

学園祭と思いきや、浦の星女学院の閉校祭の話でした。何というか、全般的に見ると廃校問題の完結編的な話だったですね。

A.Aパート 

f:id:sasashi:20171216230643p:plain

「これまでの感謝を込めて」閉校祭の準備にたけなわな、Aqoursを始めとした浦の星女学院の生徒たちです。

f:id:sasashi:20171216230904p:plain

 シャイ煮プレミアムとして、好評だったらしいシャイ煮の改良版を振る舞う鞠莉。

 

学園祭で理事長が料理を振る舞うなんてあり得ないという生徒会長のダイヤですが、今回はダイヤも後ではっちゃけるんですよね。

 

f:id:sasashi:20171216231553p:plain

11話予告でもあったシーンですが、閉校式をやりたいという全校生徒の提案に対して鞠莉が“承認”のハンコ押します。

 

元々鞠莉ならやりかねないキャラクター性をもってはいますが、このはっちゃけっぷりが「最後なんだ」という刹那感を感じさせます。

 

刹那感はこのシーンだけでなく11話全体を覆う空気なんですがね。

 

しいたけが、閉校祭の旗を壊したりという一悶着がありましたが、準備も1段落して夜になります。

 

 

f:id:sasashi:20171216233957p:plain

f:id:sasashi:20171216234046p:plain

11話のこのシーン、1期1話の千歌がスクールアイドル部の勧誘をするシーンを思わせて少し懐かしくなりました。

 

前半のクライマックスの次の会話で、ようちかの関係に関して曲がりなりにも決着がついた感じではあります。

 

1期11話は曜回として不完全な印象もありましたが、曜がスクールアイドルを始めた動機もここで分かってよかったと思います。

千歌「ずっとこのままだったらいいのにね。明日も、明後日もずーっと。」

「そしたら、そしたら...」

曜「私ね、千歌ちゃんに憧れていたんだ。千歌ちゃんが見てるものが見たいんだって。ずっと同じ景色を見てたいんだって。このままみんなでおばあちゃんになるまでやろっかって!」 千歌「うん」

 

f:id:sasashi:20171216235236p:plain

ようちかの関係を見守る梨子です。

 

ここはあえて一歩引いているんだっていう感じが良いですね。

 

B.Bパート

 閉校祭ということで、普段はっちゃけるのとは無縁そうな人も含めて思い思いなことをしていくメンバーたちです。

 

この最後に思い思いなことをしていくのは、μ`sアニメ2期11話でメンバー1人1人の行きたい場所×9か所を回るのを彷彿とさせますが、違いはメンバーだけでなく全校生徒いや地域を巻き込んでいるという所です。

 

f:id:sasashi:20171216235420p:plain

f:id:sasashi:20171216235844p:plain

f:id:sasashi:20171217000027p:plain

f:id:sasashi:20171217000439p:plain

f:id:sasashi:20171217000935p:plain

 

神モブであるよいつむトリオがサプライズとして、「浦徐ありがとう♡」のバルーンを7話で千歌たちが全校生徒の期待を受けた屋上から飛ばします。

 

このシーンは、本アニメで学校という存在を感じる貴重な場面で良かったです。

 

ただ、このシーンは同時に「楽しかった時間の終わり」を暗示させるものでもあるんですよね...

f:id:sasashi:20171217001411p:plain

 

この言葉が本当に最終回なまとめで、スクールアイドルだけでなく浦の星女学院での日々の終わりを実感させてきますね。

千歌「楽しい時間はいつもあっという間で」

 

果南「そこにいる誰もがこの時間がずっーと続けばいいのにって思っているのに」

 

曜「でも、やっぱり終わりは来て」

 

ダイヤ「時が戻らないこと。もう1度同じ時間を繰り返せないことが、とてもさみしく思えるけど」

 

ルビィ「同時にやっぱりどうなるか分からない明日のほうが、ちょっぴり楽しみでもあって」

 

花丸「ああ、これが時が進んでいくってことなんだなぁって、実感できるずら」

 

善子「そして気づく、2度と同じ時は無いからこの時が楽しいって思えるのかな。今こうしていることがたった1度きりってわかっているから、全力になれる」

 

梨子「いつか終わりが来るってことを、みんなが知っているから、終わりが来ても明日が来ることを知っているから」

 

鞠莉「未来に向けて、歩き出さなきゃいけないから、みんな笑うのだろう」

 

閉校祭も終わり、理事長として学校を存続させられなかったことを涙ながらに詫びるシーンです。

 

どんなに明るくはっちゃけようが「学校を存続させられなかった」のは鞠莉にとって高校生活最悪の思い出なのは変わらないのです。

f:id:sasashi:20171217003643p:plain

 

(結果的には)学校を潰してしまった自分の責任を詫びる鞠莉に対し、よいつむトリオが「Aqours」とコールを掛け始めます。

 

そして、最後に明るく歌おうという鞠莉です。

f:id:sasashi:20171217004710p:plain

 

 本話は、「勇気はどこに?君の胸に!」の特殊EDとなっています。

 

感想はココでは言い表せないので、まだ見てない方は実際にyoutube等でご覧ください。

2.本話の総評

本話に関しては、批判とか考察とか云々は特にないです。

 

何というか、浦の星女学院の死にざまを見ていく30分だったかな。

 

死にざまなんだけど、明るいといった感じで良かったんじゃないかなぁと。

 

浦の星の生徒や地域の方、Aqoursの前にあるキャンプファイヤーの燃え殻は燃え尽きた≒廃校になった「浦の星女学院」を象徴していると感じました。

f:id:sasashi:20171217004906p:plain

 

ラブライブ! サンシャイン!! 2nd Season Blu-ray 6 (特装限定版)
by カエレバ

 

次回は、「光の海」ということで、ラブライブ!決勝回でしょうか。

 

正直、大会の結果はSaint snowが消えた時点で半分どうでも良い気もしますが…

f:id:sasashi:20171217010216j:plain

 

余談ですが、千歌が東京行きという展開が11話で来るという仮説を前回の記事で立てましたが、今回はそんな話は無かったですね...

 

まあ、今回の流れでそんなこと入れたら、視聴者,登場人物ともどもドン引きなので入れなくて良かったですが。

 

 

 

←前回「シャイニーを探して」の感想 


 

(2136字)