The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

「内定ブルー」な学生? 懲役40年を迎える前にやっておくべきこと!

今の日本の労働環境の話を知っていれば、むしろ「内定ブルー」な学生の方が正常なんですがね…

 

f:id:sasashi:20171221221013p:plain

「内定ブルー」を何回も経験している、笹史(@sasashi1992)です!

 

大学生・大学院生の就職活動も大半の人が終了し、入社前研修を受けつつ来年の4月を待つだけという状態の学生が多いでしょう。

 

就職活動が辛いということは自身の就職活動時もそうでしたし、世間一般的にも言われる風潮でしょう。

 

しかし、就職活動の辛さなど序の口で、これから「懲役40年」と揶揄される社畜生活を前にして「内定ブルー」にほとんどの学生が陥っています。

 

内定を獲得し就活を終了した学生に、「入社予定企業を決定した後に、不安や憂鬱な気分(内定ブルー)になったことはあるか」聞いたところ、「ある」と回答した学生は81.1%と、ほとんどの人が陥っていたと判明した。2016年は72%、2017年は74.9%だったため、徐々に増加傾向にあることが分かる。

具体的な内容(複数回答)は下記のとおりだ。

1位「自分は社会人としてやっていけるのか」(59.9%)
2位「同期や社員とうまくやっていけるのか」(49%)
3位「入社予定企業の求める力が本当に自分にあるのか」(38.9%)

実に6割近い学生たちが、自分の力量や環境順応への不安を強く持っていることが見て取れる。

続いて4位は「社会人にはなりたくない」(37.3%)で、2016年(15.2%)・2017年(29.9%)と比べ大幅に増加している。できることなら働きたくないという心理状態になっているのだろうか。

 

4割弱もいる内定とっても「社会人になりたくない」人たちは、なぜ?就職活動した?と問い詰められるレベルの問題ですが、勝ち組なはずの東証1部上場企業ですら労働環境が劣悪なのでこう思えてくるのも無理もありません。

東証一部上場企業への内定は勝ち組ではない! 現代では負け組である件。 

 

身も蓋もない話をすれば、社畜として懲役40年そのものがオワコンなのですが、突然内定を辞退しても4月からどうやって食べていくのかいうのが現実的な問題として立ちはだかります。

 

↓Atusiさんの「お前ら社畜で人生楽しいか?」の1記事ですが、懲役40年の実態が載っているので参考にしてください


 

逆に言えば、生活できるために資金&ライフラインを調達できれば、脱懲役40年の刑期を短縮(≒脱社畜)できますし、そこまで行かなくてもブラック企業で懲役を過ごすことは免れられます。

 

という訳で、今回は「内定ブルー」な学生さん向けに懲役40年の刑期が始まる前にやっておくべきことを書いていきたいと思います。

 

自身が懲役40年を迎える前には、何1つやっていなかったのですが、心底後悔していますね。

 

お品書き

 

ブログを始める!

まず、このブログを見た学生さんでまだブログを始めていない人や、ブログを放置状態の人がいたら「ブログを始める」べきと断言できます。

 

ブログのメリットとしては、一度形を作ってしまえば「ある程度継続的に稼げる資産になる」のが大きいです。

 

社畜ですと、いくら残業して頑張ってノルマを達成しても、翌日には0リセットでスタートとですので、クビにならない程度に頑張る方が合理的という考えになります。

 

ブログでの稼ぎ方については、

社会不適合者は脱社畜を目指せ! フリーで稼ぐ生き方まとめ。

で詳細を書いていますが、稼ぐための土台作りとしては、ブログを始めるにあたって

「独自ドメイン」という自分だけのホームページアドレスを取得することをお勧めします。

 

「独自ドメイン」を取得できるサイトはいくつかありますが、本記事でおススメしておくのは日本No1である「お名前.com 」です。

 

ドメインごとにお値段は異なりますが、安いドメインならば、1円からで取得できますのでお試しあれ!

 

 

 

また、ブログで稼ぐとまでは行かなくても、自分が会社員として働く中での気づきを書いていけば、そこから転職・独立などの手がかりやスキルアップにつながることもあるので有効ですね。

 

特にITエンジニアの方で、勉強した技術を記事のネタにしていくのは私がいま使用している「はてなブログ」でよく見かけます。

 

勉強をしておく!

 大学をでたら勉強しなくてもいいなんて大嘘で、搾取されないためには勉強が肝心です。

 

勉強と言っても、大学卒業後にまた専門学校に通うとかいう訳ではなく、読書をするというのがおススメです。

 

上のブログを始めるというのもそうですが、これからですと社畜でない稼ぎ方(≒脱時給の稼ぎ方)を模索して行くのが重要となります。

 

脱社畜の稼ぎ方としてお勧めな本としては、こちらです。

 

 文字通り121個の社畜ではない稼ぎ方が掲載されているので、一読してみる価値は十分あります。

 

ただ、本を読むのは大事だと思っていても、本を置くスペースが足りないしどうしようという方も多いと思います。

 

そういう方は、Amazon会員の方でしたら、電子書籍の読めるアプリであるkindleをダウンロードしてkindle limitedというkindleの一部の本が月額980円で読み放題なサービスに登録するのをおススメします。

 

 

 

 

終わりに

 懲役40年は来年の4月ですが、卒論提出やら卒業旅行やらしているとあっという間にタイムリミットを迎えて、死んだ目で働くハメになります。

 

終身雇用なんて信じている人はこのブログの読者にはいないでしょうが、会社というものは本当に非情なくせに、無駄に忠誠心を要求してくる奴らなので、信用してはいけません。

 

相も変わらず、経団連という老害は副業すら認めず企業様に服従を強要するようですが、真に受けてはクビになった時に詰みます。

 

榊原会長は会見で、「副業・兼業は社員の能力開発というポジティブな側面もあるが」と断りつつ、次のよう述べた。

「一方で、パフォーマンスの低下や情報漏えいのリスク、両方を合わせた総労働時間の管理のしかたなど課題が多い」
「副業・兼業について各社の判断でやるのは自由だが、いろいろな課題があるので、経団連としては旗振り役をする立場にはない」

つまり、これまで通り反対の立場であると念を押したのだ。

この発言に対して、ネット上では多くの批判が上がっている。2ちゃんねるでは

「副業されたくなければもっと賃金出せよ」
「やりたくて副業してるわけじゃないだろ。コストカットしといて何を言う」

など、副業しなくても充分な暮らしができるように賃金を上げろと噛みつく人が大勢いた。終身雇用が崩れ非正規雇用が増加したいま、仕事に安定・安心を感じられない人がなんと多いことか。

経団連会長「副業推奨できない」に批判殺到 「それならもっと賃金出せ」「もう社畜の時代じゃない」 | キャリコネニュース

 

所詮会社なんてお金を稼ぐためのものなので、犯罪以外の方法で脱社畜で生活できるならそれに越したことはありません。

 

脱社畜コースを突き進みたい方は、

社会不適合者は脱社畜を目指せ! フリーで稼ぐ生き方まとめ。 

で脱社畜の方法を掘り下げてあるので併せてどうぞ!

 

とはいえ、脱社畜に踏み切る前に会社に対して限界が来て、転職!となる可能性の方が大きいでしょう。

 

そういう場合、転職コースとしては

社会不適合者でも2人3脚で就職を目指せる、転職エージェントを紹介します! 

 

脱ニート・フリーター向け! 研修やインターンがある、就職支援サービスはこれだ! 

 

社会不適合者が就職のレールに乗るためのサービスを集めてみました! 

 

で転職に使えるサイトやエージェントまとめて紹介いたします。

 

会社というのは味方ではありません、脱社畜にせよ転職にせよこういった情報を持っておかないと懲役40年を満了or獄死が確定する世界です。

 

結局最後は自分の判断力と行動力だけが頼りなので、判断と行動の負担を少しでも軽くするために是非活用してください!