The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

携帯販売への就職を避けるべき理由を経験者が語る!

以前、携帯販売の業界にいたのですが会社というよりこれはもう業界自体がブラックですね。

f:id:sasashi:20180422152007p:plain

携帯電話の販売ショップで数か月間ショップ店員(内部的にはクルーというらしいです)を務めていたのですが、今思うとその店舗や会社というよりも業界自体がとんでもないブラックだなぁと思いました。正直なところ、就職を避けるべきであると感じたので就職を避けるべき理由(というかブラックな点)を書いていきたいかなと。

 

 お品書き

 

1. ノルマが厳しい

まず、一番の理由はノルマの厳しさでしょう。しかしながら、ノルマは販売職である以上避けようがありません。

 

ノルマとして一般人でもイメージできるのは携帯の販売台数でしょうが、ノルマはそれだけではありません。むしろ重要なのは、携帯とセットで契約するタブレットやSDカードなどのアクセサリー、ネット回線などの売り上げノルマです。なぜなら携帯を売るだけですと、大して売り上げにならないからで、周辺機器とセットで売ることで一人当たりの売り上げ単価を高めている訳です。どこの販売業も同じです。

 

携帯ショップを利用した方は分かるでしょうが、携帯ショップではSDカード等のアクセサリーを勧められますが、別に親切心でショップ店員が進めるわけではありません。

それらのアクセサリーを売ること自体がノルマだからで内心は必死です。しかもこの手のアクセサリーは携帯ショップより電器屋の方が安かったりしますので、それに気づいている方はまず買ってくれません。というのを店長から聞いて知ったのですが、そこは上手くいうのが重要だと言われました。タブレットなんかはわりかしセットで購入される方も多かったですけどね。

 

ノルマ達成が大変そうなものの例としては、フォトフレームという、写真や動画を再生できる周辺機器がありそれもノルマとしてありましたが、「それタブレットで十分じゃね」と私もお客様も思っていたのか全然売れませんでしたね。他の社員も全然勧めてなかったですし。

 

中でも一番売るのが大変そうなのは、経験者で同期で入社した人は以前の販売店でウォーターサーバーのノルマがあったそうですが、どうやって売るのかと他の社員も驚いていましたね。

 

 ちなみにノルマ未達だと、店長と面談があったり、バックヤードに貼られているノルマの到達度の紙に「仕事をしているのか!」と書かれ、叱責が待っています。私の会社に限っていえば、ノルマ未達でもクビにはならず、仕事を覚えれて真面目に出勤していれば人出不足なので会社にはいさせてくれますが...

 

2.定時とは無縁! 仕事が終わってもサービス残業!

私がいた店舗の営業時間は10:00~19:00で、これだけみれば開店前の準備時間(20分くらい)と閉店後の片づけ(20分くらい)だけで帰れそうな気もします。ところが、繁忙な休日ならまだしも平日なんかで早々と片づけが済んでしまい、やることが無くなった場合でも20:00まで帰れません。

 

しかもそれが入社初日で携帯販売業未経験で業界知識をバックヤードで勉強していただけの私でさえも20:00まで残業です。いっておきますが、残業代込みという名のサービス残業です。仕方がないのでスマホでゲームとかして時間つぶしていたりしましたね…

 

しかも私の店舗はマシな方で、他の携帯販売業ですと深夜残業なども平気であるのでもはや業界そのものが暗黒としか言いようがありません。

 

3.クレームやおかしな客の存在

 日本の接客業の宿命と言えばそれまでなのですが、クレームを付けたりおかしな客というのは実在します。たとえば、クレームをつける常連さんがいて来店した用件を聞くと「クレーム」といってきたきり、特定の店員を呼んできて延々と30分間説教してくるということもあったりしましたね。それが何度も続いた挙句解約となったりと。

 

後は、同じキャリア(softbankやドコモ)同士でも店舗によって運営会社が異なるのでそういうクレームを持ち込まれても言いがかりでしかありません…

 

終わりに:携帯販売業が嫌なら他業界に逃げろ!

こんなブラックな携帯販売業ですが、なぜ就職したかと言いますと「ただ売るだけでてなく提案しながら売ることができるから」という純度100%な理由でした。しかし、この提案というのが曲者で複雑なプランに多彩な商品を定期的に覚えていかないといけませんし、覚えた知識を臨機応変に提案して毎月のノルマを達成しないといけません。

 

私はそれについていけず数ヶ月で退職しましたが、在職中にも経験者で入社してきた人が1年たたずに退職していくのを見たので経験者にとってもキツイ職場なんだぁとは感じましたね。

 

正直なところ、携帯販売店に合わないと思ってこの記事を見ている方がいればさっさと次を探すべきでしょうし、似たような職種(クルマのディーラーや住宅販売といった個人営業)も避けるべきでしょう。

 

社会不適合者が就職のレールに乗るためのサービスを集めてみました! 

ニートやフリーターを脱出したい人に研修やインターンのある就職支援を紹介する! 

社会不適合者でも2人3脚で就職を目指せる、転職エージェントを紹介します! 

 

というわけで転職に使えるサイトやエージェントを紹介しておきます。

 

 携帯販売は正直ホワイトな企業は皆無に近く、スキルなんかも身に付きにくいため自分に合わないと思ったらさっさと見切りを付けて他の業界・職種に移るべきだと感じましたね。自分も次の会社は全く携帯電話とは関係ない職種・業界に就職しましたし!

 

今後も、携帯販売業に戻ることは2度とないでしょうね。