The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

農家から外国人技能実習生が失踪らしいけど、実習生制度自体がブラックだ!

農業業界自体がブラックなんですから、しょうがないね。

f:id:sasashi:20180517210636j:plain

 

笹史(@sasahi1992)です! 

外国人技能実習生に関して、ニュースを漁っていたらまた悪い報道が流れましたね。

過去にも本ブログでは、

「外国人技能実習生」の奴隷扱いは日本人労働者の先取り!脱社畜の準備をせよ! 

労働者は「脱日」を目指せ!~超ブラックな電通と外国人技能実習生~

で実体験も交えて外国人技能実習生制度に関して批判してきましたが、実習生制度自体辞めるべきとますます思えてきましたので何度でも書いていきたいと思います。

お品書き

 

実習生失踪とか自業自得でしょう

 外国人技能実習生の失踪数が急増している問題を受け、受け入れ農家らが対策に頭を悩ませている。法務省のまとめでは、2017年の外国人技能実習生の失踪者数は全体で7089人と過去最多を更新。インターネット交流サイト(SNS)の普及で情報収集が容易になり、より高い報酬の職場を求めるケースが多いとみられる。(猪塚麻紀子、尾原浩子)

 香川県坂出市の畑で、外国人技能実習生が談笑する。実習生から「パパさん」と親しげに声を掛けられるのは、木下農園の代表、木下博文さん(66)だ。

 木下さんは四つの農業法人で野菜延べ140ヘクタールなどを栽培。1995年から実習生を受け入れ、現在はカンボジアやタイ、ラオスから30人が作業する。

 同農園は、長年実習生を受け入れてきた経験を踏まえ、住まいやインターネット環境など生活面の整備の他、外食や旅行なども計画し、コミュニケーションを欠かさない。それでも16、17年にネパールとバングラデシュ出身の4人が失踪した

 地域のリーダーである木下さん。日本語のレベルが高い実習生らを地域の他の農業法人に送り、自身は実証的に新たな国からも率先して受け入れる。実績のない新しい国では制度の理解や浸透が不十分なことが、失踪が起こりやすい背景にあるのではないかとみる。

5/17(木) 15:50配信

外国人実習生失踪急増で農家苦悩 環境整っているのに…(日本農業新聞) - Yahoo!ニュース

 赤字部では、実習生が働きやすい環境を整えてきたとありますが、1つ根本的な問題が。なぜ給与を上げないのか?と思いましたね。外国人技能実習生は、建前では技能実習ということですが実態は「出稼ぎ」なのですからしっかり給与を払わないと逃げられるに決まっています。ましてや、異国の地なのですから本国よりも沢山金がもらえないと割に合いません。はっきり言って、自業自得でしかありません。

 

実習生制度自体が人権侵害である!

 同農園も含め県内29の農業法人が参画する監理団体「アグリ事業協同組合」は「失踪は人権侵害の事例がクローズアップされがちだが、県内の農業法人は相当配慮している。ブローカーの誘いに乗って失踪した後、相当ひどい環境で働かされているのではないか」と心配する。木下さんは「技術を伝えたい気持ちは大前提だが、実習生がいなければ経営が成り立たない現実もある。今後、失踪しない体制をどう構築するか、農家にとって切実な問題」と主張する。

>>失踪は人権侵害の事例がクローズアップされがちだが、県内の農業法人は相当配慮している

に関しては、だったら日本人の最低賃金クラスまで給与を上げよとしか言いようがありません。最低賃金以下で働かせといて人権侵害とは笑わせてくれます。私が以前働いていた農場(茶園)でも私が手取り20万無いくらいでベトナム人の実習生は農場でずーーーっと働いているのに実習生というだけで給与が半額ぐらいしかなかったのは衝撃でしたし、今でもおかしいでしょう。

 

>>ブローカーの誘いに乗って失踪した後、相当ひどい環境で働かされている

f:id:sasashi:20180516231606j:plain

 実習生制度自体が酷い制度なのですから、「アグリ事業協同組合」もブローカーと同類としか言いようがありません。よって擁護不能です。はっきり言って、実習生制度自体が人権侵害(&労働問題)何ですよ。

 

農業が日本人が寄り付きたくない業界

 原因の1つは農業自体が日本人が寄り付きたがらない業界だからで、日本人の人手不足だから外国人を奴隷同然で働かせるわけです。なぜ日本人の人手不足かは、「農業」はブラック業界! 一般人は就職すべきでない理由を経験者が語る!  をご覧ください。本当は外国人技能実習生ではなく、私の様に農業の専門教育を受けたものが農業に従事すべきなんですがね…

 

 

終わりに:実習生問題は対岸の火事ではない! 日本人も総奴隷労働社会が迫っている!

外国人技能実習生の失踪問題は、人権侵害で失踪される方が完全に悪いのですが、日本人も近々実習生並みの奴隷環境で働かされる日が近づいています。

 

高度プロフェッショナル制度(高プロ)というブラック企業合法化制度が自民党によって制定されようとするからです。モリカケや共謀罪なんかより生活をダイレクトに直撃する問題で、また詳しく書くことになるでしょうが、これによって日本人も総奴隷労働社会が実現してしまいますね。そうなれば外国人技能実習生などお役御免かもしれません。日本人の奴隷が十分にいるので。

 

幾つかツイートを張っておきます。

 

 

 

 

本ブログでも、転職推奨記事を書いていますが、高プロの結果このような社会になってしまえば、そこの企業もブラックになるので転職自体無駄な行いになってしまいます。今回は敢えて脱社畜を勧めたいと思います。

社会不適合者は脱社畜を目指せ! フリーで稼ぐ生き方をまとめてみた

 

しかし全員が脱社畜を考えだしたらどんな世の中になってしまうのでしょうか? 高プロで総ブラック企業化したら、北朝鮮よりもディストピアになってもおかしくありませんね。