The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

『THE@TER GENERATION 』・『THE@TER BOOST!』シリーズ感想

スマートフォンゲーム『アイドルマスターミリオンライブ!シアターデイズ』(ミリシタ,以下ミリシタと書きます)に登場する曲を集めた『THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 』および『THE@TER BOOST』の曲とドラマの概要を書いていくことにします。詳細記事のリンクも張りますので、考察などを見たい方はそちらの記事をご覧ください。

 

 お品書き

 

1.Brand New Theater!

『 MILLION THE@TER GENERATION 01』に収録された『アイドルマスターミリオンライブシアターデイズ』の初代主題歌で、新登場の2人を含むゲームに登場する52人のアイドル全員で歌う曲です。

 

ミリシタでは、52人それぞれのソロのMVを見れるのでゲームをやっている人は是非全員のMVを、やっていない方は是非ゲームをプレイしてください(自身はもうプレイしていないですが)。

 

『アイドルマスターミリオンライブ』から『アイドルマスターミリオンライブシアターデイズ』に舞台が移ったことによる、(ミリシタ新規参入のプレイヤーとの)新たな出会いを意識していると改めて曲を聞いて思います。

 

ミリシタで飽きるほど聞いたはずですが、その時はプレイで手一杯なこともあり歌詞の意味とか考えてなかったのでいくつか解釈してみます。

 

サンキュー!ウェルカム!ドリーミング!
ウィーアー ミリオンスターズ!」

 色分けした部分は、ミリオンライブの過去の主題歌の曲名部分です。

 

ああ ドキドキが 爆発ばくはつ しちゃいそう!

 ミリシタのMVではこの歌詞の部分で頭抱えるのですが、最高に好きなシーンの1つです。好きなアイドルのいる方は、ソロMVで見てみることを勧めます。

 

みんなで 手作りステージ
セトリ 決めなきゃ! MCどうしよう?

この部分はミリオンライブの初代主題歌『Thank you!』の歌詞の中にも手作りの武道館ということで 、そのオマージュですね。彼女たち52人はプロのアイドルですが、セトリやMCを考えるというのがいかにもスクールアイドル的な印象を受けます。個人的には、手作り感を出していけば、ミリマスもデレマスには無い独自性となると思うのですが…

 

公式PV

 

【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 01 Brand New Theater! (デカジャケット付)
by カエレバ

 

イ:プラチナスターツアーMTGユニット別前半

3.FairyTaleじゃいられない

「MILLION THE@TER GENERATION 02」に収録されている曲で、52人の中から最上静香、白石紬、所恵美、ジュリア、北沢志保の5人のアイドルが歌唱している設定となっています。

 

「FairyTale」とは日本語訳でおとぎ話となり、曲名は「おとぎばなしじゃいられない」という意味であります。

 

本曲はミリシタ内の属性の1つ「Fairy」属性17人全員の曲という設定で、歌唱している5人はあくまでゲーム内で選抜されたという設定となっています。

 

Burning Blue
この 身 が 削れて 心燃 え尽きて 果 ててしまっても 構わない
Burning Heart
全てを 懸てもこの手で掴みたい 愛 しいと 思う 夢 です

歌唱している5人も含めて「Fairy」属性の全体の傾向としてクール系のアイドルで構成されていますが、 その彼女たちが、燃え尽きても「愛しいと思う人」に会う!と強く歌う場面でこの曲で一番好きな部分です。

 

幼ない 頃から 憧がれてたのは
煌めく 舞踏会それだけじゃない
果敢に 戦か う 冒険の 国へ 飛出してみたい

だから 見み ててね エンドロールまで
本気ほんき で 臨のぞ む 姿すがた を

エンドロールという表現で「FairyTaleじゃいられない」という劇の中で 舞踏会に満足せず、冒険の国へ飛び出すというシーンに見立てられるなぁと個人的には感じました。

 

そう考えると「Fairy」属性17人全員から5人が歌うというのも、他の組み合わせで歌えば「FairyTaleじゃいられない」という劇のキャストが変わったという考察が出来ます。

 

【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 02 フェアリースターズ (2商品連動購入特典:「デカジャケット(2枚セット)」引換シリアルコード付)
by カエレバ

 

4.Angelic Parade♪

 「MILLION THE@TER GENERATION 03」に収録されている曲で、52人の中から伊吹翼、桜守歌織、北上麗花、望月杏奈、箱崎星梨花の5人のアイドルが歌唱している設定となっています。

 

本曲はミリシタ内の属性の1つ「Angel」属性17人全員の曲という設定で、歌唱している5人はあくまでゲーム内で選抜されたという設定となっています。

 

その名の通り、天使のパレードを歌った曲となっています。聞いてみて思ったのが、燃えるようなアップテンポなFairyTaleじゃいられないとは打って変わって、ふわふわとした曲調ですね。演劇というよりアイドルという名の天使を観察するようなシチュエーションで聞いてみるのがベターな曲でしょうか。

 

ぴゅあぴゅあ 羽ばたくキミの空まで La la 歌うよ
微笑むそよ風 吹き抜ける彼方でこんにちは

 ここら辺、特に頭が空っぽになる部分でありますね。

 

【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 03 (2商品連動購入特典:「デカジャケット(2枚セット)」引換シリアルコード付)
by カエレバ

 

5. Princess Be Ambitious!!

  「MILLION THE@TER GENERATION 04」に収録されている曲で、52人の中から春日未来、徳川まつり、七尾百合子、矢吹可奈、エミリーの5人のアイドルが歌唱している設定となっています。

 

 本曲はミリシタ内の属性の1つ「Princess」属性17人全員の曲という設定で、歌唱している5人はあくまでゲーム内で選抜されたという設定となっています。

 

日本語訳で、

 

 

FairyTaleじゃいられないとAngelic Parade♪と本曲は属性別曲でありますが、3曲それぞれ聞き比べますとこの曲が一番王道なんじゃないかなと感じますね。

 

曲の解釈を行っていきますと、

フェイス ネイル メールチェック 睡眠減少中
トレンドより マインドでしょ 意識向上中
年中女子無休

 こんなに女の子っぽく頑張っているんだから、

早く迎えに来て どこなの?王子様
恋支度に 抜かりなし
UN・MEI 夢見たい!
手を取り舵取りエスコート♡

 と迎えにこい!という受け身かつ舞踏会的な表現が来ます。

 

この辺だけですと、

幼ない 頃から 憧がれてたのは
煌めく 舞踏会それだけじゃない
果敢に 戦か う 冒険の 国へ 飛出してみたい

と歌った「Fairy」属性曲 の「FairyTaleじゃいられない」とは対照的とも言えます。

 

とはいえ、曲が進むにつれて

早く迎えに来て どこなの?王子様
恋支度に 抜かりなし
UN・MEI 夢見たい!

と受け身なのが

鏡よ鏡 ねえ まだなの?王子様
恋占い 当たりなし
UN・SEI 自分次第!

 と恋占いに当たらないのにしびれを切らしたのか、

白馬じゃなくたって 平気よ 王子様
笑う者に 明日はなし
UN・MEI 掴みたい!

 と段々能動的に変化していくことが分かります。この曲もその意味では舞踏会を待っているだけではだめで、冒険の国へ飛び出す必要があるという結論に至ると言っていいでしょう。さすがに、Burning Heartまではしませんが…

 

【Amazon.co.jp限定】 THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 04 (2商品連動購入特典:「デカジャケット(2枚セット)」引換シリアルコード付)
by カエレバ

 

ここからは、CDを購入してドラマパートも試聴していますので詳細は各自の記事で描いていきたいと思います。

 

6.夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-

f:id:sasashi:20180713231942j:plain

「THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 05 夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-」を購入しました。ゲーム中で披露された、「昏き星、遠い月」自体がミュージカルとなっており、ドラマも中世を舞台にしたミュージカル風味となっていますが…

 

 7. Cleasky

f:id:sasashi:20180703225100j:plain

「THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 06 Cleasky」です。前作のミュージカル風と打って変わって、辺鄙な設定もない青春ドラマです。個人的には原作でのキャラの特性が上手くドラマに反映されていて、キャラ物のドラマとして成功していると感じました。

詳細記事:感想:MILLION THE@TER GENERATION 06 Cleasky 

 

 

 

8.トゥインクルリズム

f:id:sasashi:20180704211746j:plain

「THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 07 トゥインクルリズム 」は、ニチアサ風なぶっとび魔法少女モノです。個人的にはキャラの特性とギャグがうまくかみ合っているので一番好みですね 。

 詳細記事:感想:MILLION THE@TER GENERATION 07 トゥインクルリズム 

 

 

9.EScape

f:id:sasashi:20180616003001j:plain

「THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 08 EScape」を購入しました。クール系美少女ユニットという謳い文句らしいですが、ゲーム内では実のところ...ポンコツということです(当方ゲーム未プレイ)

 

2曲だけでなく、曲の世界観にそったドラマもありますので詳細は別記事でレビューしたいと思います。

 

詳細記事:感想: THE@TER GENERATION 08 EScape 

 

 10.4Luxury

f:id:sasashi:20180706230607j:plain

『THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 09 4 Luxury』です。大人組によるトレンディドラマ風味な物語になっています。トレンディドラマ風味ですが割とハッピーエンドなのが意外ですが。

 

 詳細記事:感想:MILLION THE@TER GENERATION 09 4Luxury 

 

 11.閃光☆HANABI団

f:id:sasashi:20180813011902j:plain

『THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 10閃光☆HANABI団 』です。ゲーム内でのイベントが開催されたのが夏であることからも分かるように、ドラマパートは夏らしさとスクールアイド〇をメインにしたシナリオとなっています。

一言で言うと以前登場したCleaskyとティストは異なりますが、The 青春です。

 

 

 詳細記事:感想:MILLION THE@TER GENERATION 10 閃光☆HANABI団 

 

 ウ.『THE@TER BOOST!』シリーズ

12.ビッグバンズバリボー!!!!!

f:id:sasashi:20180927001404j:plain

超ビーチバレーという現実離れしたスポーツを題材にした、変な必殺技の応酬を除けば青春ドラマです。TBシリーズ3作では最も分かりやすいシナリオで、よくも悪くも考察の余地が少ない印象を受けますね(ラスト・アクトレスを聞くと特に)。

 

本CDの表題曲である「ビッグバンズバリボー!!!!!」は、夏らしいさわやかな曲となっています。ミリシタの曲の中では最も多く再生していますね。

 

 

www.youtube.com

考察記事:THE@TER BOOST!01~ビッグバンズバリボー!!!!!~感想 

 

 13.オーディナリィ・クローバー

f:id:sasashi:20181027234634j:plain

ビッグバンズバリボー!!!!!に引き続いて、『THE@TER BOOST!』シリーズ第2弾となります。今回は田舎の3姉妹が経営するカフェという一見ほのぼのとした舞台が、次女の進路問題から暗転…というお話です。一言でいうと、ネコが暗躍するのが特徴です。

個人的な印象としては、Happy Endで終わるので精神的にグサリとこないのが良かったですね。

表題曲「オーディナリィ・クローバー」は前作のビッグバンズバリボー!!!!!と比べてかなりゆったりした曲で、秋というイメージがしますね。

www.youtube.com

 

考察記事:THE@TER BOOST 02「オーディナリィ・クローバー」感想

 

14.ラスト・アクトレス

f:id:sasashi:20181201205023j:plain

『THE@TER BOOST!』どころか、ミリシタドラマの中でも屈指の問題作です。とても癒し系なドラマではない上に、謎と考察の余地が大いにあるのでメモを取ってドラマを聞くことをお勧めします。後、Happy Endではありません(むしろBad Endともとれるかもしれません)ので、覚悟を決めましょう。

 

MVですが、本編を聞いた後に見ると色んな事が示唆されて面白いと思います。

www.youtube.com

 

考察記事(未試聴の方は要注意!):【ネタバレ注意】THE@TER BOOST 03『ラスト・アクトレス』感想考察~エピローグの先には何が?~