The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

新入社員が会社を辞めたくなる理由はその会社がブラックだからである!

今後は、3割どころか2人に1人とかにブラック企業と思う割合増えていくのでしょうね…

togetter.co

 

こんにちは、笹史(@sasashi1992)です。

ツイッターまとめのtoggeterを見ていたら、新入社員の勤務先に関するニュースが有ったので取り上げたいと思います。

 お品書き

 

入社2か月で3割の新入社員が、会社辞めたい

すでに「辞めたい」という人も3割 理由は「仕事が面白くない」が最多

一方、不満を持つ点は「残業が多い」(40.6%)が最多。以降「有給休暇が取得しづらい」「給与が少ない」(同34.4%)、「職場の雰囲気が自分に合わない」「昇給が期待できない」(同31.3%)と続く。

またセクハラやパワハラ、モラハラなどのハラスメント行為を受けたことがある人は4.5%で、入社後、会社を辞めたいと思ったことがある人は27%。理由に「仕事が面白くない」(37%)を挙げる人が最も多い。以降「会社の雰囲気が合わない」(35.2%)、「上司や先輩との人間関係」(29.6%)、「待遇(給与や福利厚生)がよくない」(27.8%)と続く。

 

新入社員の3割「勤め先はブラック企業だと思う」-「忌引の交代人員が見つからず出勤」「社名検索するブラックと出る」 | キャリコネニュース

 5月に調査したそうなので、大手企業中心にまだ新入社員研修の途中であるところも多いでしょう。そういう企業ですとまだ実務を全くしていないので、社員とは言え、まだまだ半分お客様といってもいいでしょう。そんな中でもう、27%つまり3割の新入社員が辞めたいと思っているというのは衝撃的ですね。

 

理由としては、

「仕事が面白くない」(37%)を挙げる人が最も多い。以降「会社の雰囲気が合わない」(35.2%)、「上司や先輩との人間関係」(29.6%)、「待遇(給与や福利厚生)がよくない」(27.8%)と続く

 というラインナップです。多分老害というか中年以上の世代なら甘えるな、3年頑張れで一蹴される理由ばかりでしょう。

 

3割の新入社員がブラック企業と感じているならば...

しかし、後の記述を見てみるとこんなことが書いてあるのです

勤め先が「ブラック企業ではないか」と感じたことがある人は30.5%で、具体的には

「お給料や評価など社長の独断と偏見で評価が決まったりするため、一定した給料が入らない」(男性、会社員)
「忌引きの交代が見つからず、出勤している人を見たとき」(女性、会社員) 「ネット検索でブラック企業と書かれた検索結果が出てくる」(女性、会社員)

などの他、業務時間長いにも関わらず残業代が出ないという声が多く寄せられた。

 ブラックと感じたことがある人は30.5%と、3割の新入社員がブラックと感じているということです。最近ブラック企業と言う言葉が浸透してきたことで2か月間でブラックと感じるという程、ブラック企業かどうかという点に敏感とも言えます。ただそれを差し引いたとしても労働環境が良くない企業が多いことは容易に想像つくでしょう。

 

特に忌引きの交代が見つからず、出勤という状況では有休も恐らくとれないでしょうし、サービス残業や休日出勤(もっと言うとサービス休日出勤)すらあり得ます。こんな会社がブラックと思えてくるのも当然でしょうし、一般社員ことに新入社員がブラックさをどうこうできるものではありません。

 

こんな会社にいては消耗してしまうので辞めたいと思うのが当然で、入社2か月目の新入社員が会社を辞めたくなる割合である27%の大半は上の理由である「仕事が面白くない」や「会社の雰囲気が合わない」というのも建前で、本当の理由は「会社がブラックだから」と言えます。

 

まあブラック企業と分かって辞めたくなるのは、新入社員に限ったことではないのですが。

 

終わりに:ブラックだと感じたら、逃げるのはお早めに!

 会社をブラックと感じる新入社員と会社を辞めたいと思ったことのある新入社員がほぼ同率なのは驚きましたが、ブラックだから辞めたいという因果関係が推測できますね。しかしブラックと思って転職したいと思っても、「石の上にも3年」だとか言われて躊躇している方も多いでしょう。しかし躊躇すべきでないと断言します。

 

ブラック企業で働き続けても百害あって一利なしですから。時間もお金も真っ当な企業に勤めている人に差を付けられて、気づけば体を壊すは貯金はたまらないわで最悪な人生確定です。そうなる位なら、親や周囲の反対を押し切ってでも逃げるべきです。

 

ニートやフリーターを脱出したい人に研修やインターンのある就職支援を紹介する! 

社会不適合者が就職のレールに乗るためのサービスを集めてみました! 

社会不適合者でも2人3脚で就職を目指せる、転職エージェントを紹介します!

 

このような転職エージェントやサイトを活用して、在職中に転職を決めてしまい決まってから周囲に報告すれば、文句は付けられないでしょう。ブラックと感じた企業に居てもモチベーションは下がるは、肉体的にもきついわで長居しても実りはありません。それくらいならブラックでない真っ当な会社に転職して、早いうちにキャリアを第2新卒として仕切り直すべきと断言できますね。

 

併せて、

実体験で感じた私のホワイト企業の基準! 

も見てホワイト企業に転職できるように頑張りましょう!