The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

アイドルマスターシャイニーカラーズファーストガイドブック感想

『アイドルマスターシャイニーカラーズ』ファーストガイドブックを購入して一通り読んだので、感想を書いていきたいと思います。多少ネタバレあり(と言っても本書自体ア新規情報はあんまりないですが)

f:id:sasashi:20180606220325j:plain

 

お品書き

 

本誌の内容

構成としては、16人のアイドルの紹介とその中の人のインタビューがメインです。後は、新人プロデューサー向けのゲームガイドやらスタッフインタビューがあります。後は巻末特典漫画と特典CDドラマがあります。まあ、ファーストガイドブックなので掘り下げというより基本設定の確認が中心となっています。という訳で、コーナーごとに簡潔に感想を書いていきます。

 

16人のアイドル紹介&キャストインタビュー

16人のアイドルはカードイラスト&喜怒哀楽の表情が公開されています。ユニットとアイドルごとに紹介文がありますが、これまでの解説を逸脱している所は特にありません。

 

キャストインタビューはオーディションの裏話が中心で、キャストに興味のない私でも中々面白く読めましたね。ここのインタビューが本書のメインと言っていいでしょう。

 

新人プロデューサーパーフェクトガイド

攻略wiki見ている人にとっては既知の内容ばかりですので、特に目新しいことはありません。オーディションでperfectできるように練習しましょうと書かれていますが、今はわざとbadを出すべき(所謂bad調整)場面もありますが、6/11からは本当の内容になってしまいます。

 

 スタッフインタビュー

とりあえず、アケマスからアイマス2までの期限付きプロデュースを意識していることはよく分かりました。後、突出した属性のキャラ付けにはあえてしていないそうです。

 

 巻末漫画

可も無く不可もなく。稼働初期であることを考えるとアイドルの個性紹介となっているのは悪くありませんね。昨日の記事で取り上げた、アンソロよりは公式コミカライズなために絵柄的には再現度が高いと思います。

 

特典CD

「遅く起きた朝は‥‥‥」というタイトルで、イルミネーションスターズの3人がオフの日に昼食を作っていく短編となっています。15分位という短い尺ですが、3人の個性が発揮されているので詳しくは是非聞いてください。今回は、このCD目当てで買ったようなものですね。

 

まとめ

初期のガイドブックとしては、良い本だったと言えますね。シャニマスに少しでも触れてみて、興味が持てそうな方は後発参入組に初期からファンだったんだぞ!と自慢するためにも読んでおいて損は無いでしょう。

 

少なくとも初期ガイドブックにありがちな、分かり切ったことしか書かない薄っぺらい本ではないので買って大損する本ではありません。