The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

感想:THE@TER GENERATION 05 夜想令嬢

ミュージカル風味な作品となっていますが、そのシナリオは...

f:id:sasashi:20180714001146j:plain

『THE IDOLM@STER MILLION THE@TER GENERATION 05 夜想令嬢 -GRAC&E NOCTURNE-』を視聴しましたのでドラマパートを中心に感想を書いていきたいと思います。

 

お品書き

 

 概要

01. ドラマパート『昏き星、遠い月』/『Prelude』

02. 昏き星、遠い月
作詞:BNSI (青木朋子)・松井洋平 作曲・編曲:伊藤 賢

03. ドラマパート『昏き星、遠い月』/『再会、強襲』

04. ドラマパート『昏き星、遠い月』/『大切なもの』

05. ドラマパート『昏き星、遠い月』/『誇り』

06. ドラマパート『昏き星、遠い月』/『ひかりさす』

07. Everlasting
作詞:青木朋子・久澄春人 作曲:shilo 編曲:佐野宏晃

08. ドラマパート『昏き星、遠い月』/『Overture』

リリース情報|アイドルマスター ミリオンライブ! THE IDOLM@STER MILLION LIVE! | Lantis web site

 

気になった点

 エドガー役:所恵美

主人公その1。1人称はオレですが、性別は女であることが判明。楽園を目指していたそうですが、結局楽園にたどり着けていないことがラストで判明します。というか本ドラマパートは楽園にたどり着けたのはメイン4人中1人しかいないというバッドエンド、良い風にとってもノーマルエンドとなっています。

 

クリス役:天空橋朋花

主人公エドガーと出会う少女(だが実は男性らしい...)で実はヴァンパイアです。

 

アレクサンドラ役:二階堂千鶴

妹であるノエルをエレオノーラにヴァンパイアにされた上、ヴァンパイアハンターと半強制的にされ真実を知ったことで激高しエレオノーラを倒したまでは良いのですが、そこからお尋ね者に転落して国中から追い回されるという本ドラマ中最も報われない人物です。

 

一応立ち位置としては主人公2ですが、何一つ報われている感が無いのでかなり冷遇感がありますね。もう一人の主人公であるエドガーとは、やりあう1シーンですら絡んでおらず後はエドガー・クリスサイドとは別で話が展開されていますし。もちろん楽園にはたどり着けていません。

 

 エレオノーラ役:百瀬莉緒

本ドラマの悪役で、またの名を「辺境伯夫人」と言います。唯一楽園にたどり着けたことが示唆されており、悪人であるけれどある意味報われた人物です。と言っても独白で、自身も夫と娘を殺された被害者でもありますけどね… 

 

 

感想

 ◎終わり方に関しては、多くの人が指摘している通りハッピーエンドというよりバッドエンドないしは想像オチとなっています。終わり方に関する賛否は人それぞれですが、個人的にはドラマパートを聞いてスカッとする代物でないのは確かです。

 

◎主人公が実質2人いて、それぞれの展開が1シーンを除いて直接交わらないので話が分かりにくいですね。娯楽それもキャラ物のドラマパートなのに割と集中しないと理解しづらいのはマイナスかもしてませんね。

 

◎エドガーの涙もろさが原作所恵美の涙もろさが反映されていたりと、原作の特性は発揮されていると言えなくもないです。