The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

家計に優しく、受験勉強をする方法をお教えします!

高校の学費に加えて予備校や塾で勉強をするなんて今のご時世家計への負担が重いですからね...

 

f:id:sasashi:20170307213402g:plain

 

予備校や塾と言った受験勉強をするための学習サービスって高いと思いませんか? 

 

リクルートさんが受験のための学習サービスについて調査したところ、以下のように7割の方が家計への負担を懸念した学習サービスの利用をためらったという経験があるそうです。

 

リクルートマーケティングパートナーズは、9月11日に「学習サービスの価格意識」に関する調査結果を発表した。調査は今年6月にインターネットで実施し、オンライン学習サービス「スタディサプリ」の有料会員のうち進学希望者(現役高校生・高校既卒者)268人とその保護者948人から回答を得た。

「家計への負担を考え、金額の高さで受験勉強のための学習サービス(塾・予備校・参考書・通信教材・オンライン学習)の利用をためらったことがある」と答えた子どもが、70.1%にも上った。

受験生の7割が家計の負担を心配して塾や予備校の利用をためらった経験あり 「月額1万円未満」でも半数以上が躊躇 | キャリコネニュース

 

まあこの調査自体、オンライン学習サービス「スタディサプリ」の有料会員を対象にした調査なので、「スタディサプリ」の方が良い!と誘導するポジショントーク的な側面もあります。

 

ただ、確かに塾や予備校に通うと、週1~2回の授業で月何万もしますからね。10年くらい前の話になりますが、自分が通っていた予備校の今年に授業料を調べてみた所、1講座(週1回×90分)で月2万2千円とありました。はっきり言って高いです。 

 

高校いや中学時代にも、周囲から自分が通っている予備校を詐欺塾とか言っていましたが、確かにこのような授業料の高さですと詐欺と言いたくなるのもむべなるかなと。実情は詐欺というよりはぼったくりに近いとも言えますけどね。

 

詐欺と言われつつも数年間通ったのですが、実際に通ってみた結果、感じてみたのは授業料は高いわ、結局受験勉強のために別途参考書や問題集を揃える必要はあるわで良いことなしということでした。

 

正直これならば、学校配布の問題集と参考書(学校のレベルにもよりますが)で受験勉強した方がまだコスパが良いと思います。とはいえ、完全に独学で参考書を読み込むだけでは理解しにくい単元・箇所も多いでしょうし、分からないことがあっても質問も出来ないというデメリットもあります。

 

後よく言われるのが学校に通っていると学校の授業こそが大学受験、「授業で勝負」みたいなことを学校側から言われますが、公立・私立問わず分かりにくい授業も多いですし、進学校といってもただ授業が早いだけで授業の質が高いとは限りません。その証拠に予備校や塾の合格体験記を見ても、有名進学校の名前がずらっと並んできます。

 

かといって中堅以下の高校ですと授業が受験までに終わらなかったり、受験に必要な授業が開講されなかったりします。

 

中堅以下の高校での受験のデメリットは、推薦入試で進路を決める人が多いので予備校で受験対策よりも定期試験を頑張って内申点を稼ぐのに重点を置く人が多いからでしょう。という訳で中堅以下の高校で一般受験を目指しても、推薦入試で早々と決める人が多くどうしても流されてしまいがちというデメリットがあります。

 

と、このように学校の授業+独学で受験勉強を行ったとしても

学校の授業が分かりにくい! 必要な科目が開講されない!

授業が早くてついてけない! 遅くて、受験に間に合わない!

 という不満が出てくるものです。

 

そのような不満にお答えしたのが、株式会社リクルートマーケティングパートナーズがお送りする「【スタディサプリ】 」という動画授業サービスです。

 

いつでもどこでも全国トップクラスのプロ講師陣の授業を受けることができ、定期テスト対策から大学受験対策まで、幅広いラインナップをご用意を何回でも見ることが出来ます。しかも、月額980円からと塾や予備校より安価なので家計が心配...という方でも安心ですね。というか、こういう便利なサービスなので最近では一部の高校ではスタディサプリを導入していたりしています。

 

 

 

先ほどのサービスは高校生ならば、誰でも使って損のないサービスですが、高校3年生で受験が迫っているけど予備校に通わずに受験に特化した対策をしたいという方の場合ですと志望大別対策で弱点を克服することが出来る「【スタディサプリLIVE】 」の方をおススメします。

 

ターゲット層としては、国公立全般や関東関西の難関私大(MARCH,関関同立)希望者なのである程度の学力&志望校の方向けですが、逆にターゲット層の方ならば普通のスタディサプリより特化している分だけ効果は高いでしょう。

 

今から登録して受けられるのは、秋期講習と冬期講習の2つです。前者では実力確認テストゼミ、志望大対策、後者ではセンター対策、私立一般・国公立二次対策を受講できます。私も国公立大学を受験したので、このサービスのターゲット層ですが当時はもちろん志望校に特化した動画授業のサービスなど有りませんでした。

 

講座の受講料は、秋から試験直前まで、志望大対策もセンター対策も全61講座が受け放題!な「LIVE秋・冬期講習受け放題パック」では 79,600円(税抜)とやや高めです。

 

ですが、予備校に行くとこれ位の値段では済まないですし講座も1回受けてしまえばそれっきりです。それを考えると、予備校で志望校対策だけでも...と考えていた人も繰り返し受けられる動画授業の方がコスパは良いはずです。それでもカリスマ講師の授業を生で受けたい!というなら止めませんが(笑) 

 

 

 

ちなみに「LIVE秋・冬期講習受け放題パック」を9月30日までに申し込んだ方全員に、大学受験最重要科目であるセンター英語の過去問である「赤本センター試験英語」がプレゼントされます。ある程度の大学を狙う方ならもう持っている方も多いでしょうが、持ってない方がいればチャンスですので是非!

 

私が高校生の時には当然こんなサービスは無かったので羨ましい限りですね。こういうリーズナブルなサービスで受験を切り抜けて、高い塾代を節約して、大学以降の学費や生活費として子供に投資した方が絶対にいいと思います。