The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

「アイドルマスターシンデレラガールズ」初心者向け!公式コミカライズのレビュー

「アイドルマスターシンデレラガールズ」公式コミカライズは複数出版されていますが読む順番はある程度はありますね(特に初心者)。

f:id:sasashi:20181011000623j:plain

 

今回のテーマは「アイドルマスターシンデレラガールズ」公式コミカライズについてのレビューです。感想記事でも良かったのですが、コミカライズは複数出版されているのと内容的に初心者が読んでも楽しめるコミカライズとそうでないものがあるのでそれを中心に書いていきたいかなと。

 

今回レビューするのは上の画像の4作品です。「アイドルマスターシンデレラガールズAfter20」は別記事で感想を書いていますし、「アイドルマスターシンデレラガールズU149」は単独で別記事を書くので本記事での感想は割愛しています。お勧め度を書く関係で最後には少しだけ触れます。

 

 

アイドルマスター シンデレラガールズ WILD WIND GIRLは読んでないので、シンデレラガールズ劇場はゲーム内のおまけ漫画そのままなので割愛します(感想を書く予定は現在ありません)。「アイドルマスター シンデレラガールズ ロッキングガール」?、そんなものは知りません。コミック完結まで発売されない限り触れる予定もありません。

 

お品書き

各作品の感想 

「アイドルマスター シンデレラガールズ ニュージェネレーションズ」

アニメ 「アイドルマスターシンデレラガールズ」でもおなじみの公式からニュージェネレーションと呼ばれる島村卯月,渋谷凛,本田未央の3人を主人公として事務所加入から様々なアイドルの出会いやレッスンを積み重ねデビューへと向かっていくストーリー漫画で全2巻となっています。

 

シナリオ自体は初期のコミカライズということもあり、アイドル漫画というか少年漫画としてごくオーソドックスで意外性こそありませんが、2巻後半ではアニメ後半の原型ともいえる凛だけが他の2人の先を行く展開もありデレマスというネームバリュー抜きでもそれなりには楽しめます。

 

展開としては、「もしも武内P不在かつシンデレラプロジェクトみたいな大型企画ではなく、普通に合格して3人だけでデビューから活動が続いていったら」こうなると感じました。シナリオ自体はありきたりですが、コンテンツを知るための最低限の情報量はあるので「アイドルマスターシンデレラガールズ」のコンテンツ初期(2012~2013年前半)にアニメ化するならばこの展開で1クールとなっていたでしょうね。

 

良い点

〇展開が王道で、2巻とシンプルにまとまっているのでシンデレラガールズというコンテンツを知りたい初心者には最適。アニメ程奇をてらった展開でないのはGood!

〇マスタートレーナーやルーキートレーナが割と活躍する点ですね。

 

悪い点

〇初期のコミカライズなので、流石に現状のシンデレラガールズとは乖離した部分もおおいです。デレステなんかも出ていますしね。

〇2巻という短さなのでやむを得ないのですが、あくまでニュージェネレーション3人が中心となるのでンデレラガールズの魅力の1つである200人近くというアイドルの多様性というのは正直伝わらないです。

 

 初期のコミカライズではありますが、シナリオがきちんとしているのと2巻と手軽に読めるので「アイドルマスターシンデレラガールズ」初心者は初めに読んでほしいコミカライズといえます。

 

只、本作だけ読んでもキャラクターの多さという魅力は伝わらないので本作品はとにかくキャラクター重視!というかたなら次の「アイドルマスターシンデレラガールズ あんさんぶる!」から入るのもアリですね。

 

 2巻ともこちらから購入できます

 「アイドルマスター シンデレラガールズあんさんぶる! 」

事務所に所属するアイドルたちを各話ごとに1~4人程度スポットを当てていく4コマ形式のコミカライズで全3巻です。一応シナリオは有り、1巻最初では売れてないという描写もありますが先述のニュージェネレーション程最初から読まないと楽しめないという訳ではありません。4コマ形式以外にも巻末ごとに大きなイベントの話があり、その部分だけ普通の漫画形式となります。

 

良い点

〇各話ごとにスポットの当たるアイドルが変わるので、多くのアイドルを知ることができる

〇4コマなので隙間時間にサクサクと読める

 

悪い点

〇スポットの当たるアイドルこそ多いですが1回3Pなのでそこまで掘り下げられている訳ではない(複数回スポットの当たるアイドルもいますが)。多くのアイドルが深く掘り下げられているのはやはりアニメ版orU149(WILD WIND GIRLもそれに近いらしいですが未読)といえます。

 本作は「アイドルマスター シンデレラガールズ ニュージェネレーションズ」で最低限コンテンツを知った方が、アイドルを数多く知るために楽しく読んでいくのが初心者向けには個人的には推奨します。まあ本作から入っても十分楽しめますし、キャラクター特化型のファンなら本作からの方がむしろおススメですが。

 

全3巻セットはこちら

「アイドルマスターシンデレラガールズShuffle!!」 

様々な作家陣による、連載アンソロジーで全1巻となっています。4コマからミニストーリー形式の漫画など様々な種類の漫画で構成されているのが特徴です。作者によってお勧め度など違うので何とも言えないですが、ネタ的には上の2つよりはシンデレラガールズを多少なりとも知っていることが前提の作品が多いですね。

 

良い点

〇あんさんぶる!よりは各アイドルが掘り下げられており、ニュージェネレーションズよりは手軽に読める

〇意外なアイドルの掘り下げがあるー個人的には「アイドルはじめました」で今井加奈にスポットが当たっているのは意外でしたね

 

悪い点

〇作者によって形式が異なることもあり、シンデレラガールズ入門レベルの初心者には不向き

 

シンデレラガールズ入門には全く不向きで、上2作を読み終えた位の人が手を出すならばありでしょうか。アンソロジーなので作者の好みもあるのか意外なキャラクターが掘り下げられているのが最大の魅力ですね。上2作は完全な公式コミカライズなのでどうしてもメジャーなアイドルが登場しがちですしね。

 

「アイドルマスター シンデレラガールズ 本日のアイドルさん」

 本日の○○話と本日のデレラジさんの2部構成です。本日のデレラジさんはデレラジ組と呼ばれる3人の声優が担当するキャラクターのお話です。

 

良い点

〇デレラジさんの方は内輪ノリが中々面白い

 

悪い点

〇Shuffle!!以上に初心者には全く楽しめない

〇個人的には絵柄が雑な気がする

 つまらないわけではありませんが、強くは推奨できないですね。特に初心者が購入したいというなら「お金と時間の無駄」なので辞めておけと言いたいです。初心者を超えた位で、絵柄に抵抗がなければ買ってもいいかなレベルです。まあ、面白いですしpixivならば人気の部類でしょうが商業作品としてはやや物足りないかなと思います。

 

 

 総合評価

ここまで幾つか作品を紹介していきましたが、初心者向けという観点に限ってU149とAfter20を加えて評価しますと

ニュージェネレーションズ>=U149(連載中までの評価)≒あんさんぶる!(キャラクター重視派)>>あんさんぶる!(それ以外)>=After20=Shuffle!!>>>本日のアイドルさん

 となります。アイドルの掘り下げ方と掘り下げのボリュームだけならば断トツとU149で、アニメ版よりも個人的には評価が高いくらいです。U149はシンデレラコミカライズはもちろんお隣のゲッサン版ミリオンライブ!とも肩を並べるアイマスコミカライズ全体でも屈指の良作です。

 

ただ基本設定の都合上、149cm以下の小学生アイドルに中心人物が限られるのが難点で、幅広いアイドルが登場している点ではアニメ版やニュージェネレーションズに軍配が上がりますね。ニュージェネレーションズは無難な入門作といったイメージで、拒否反応を起こす人は少ないけどこれだけで掘り下げるという感じではないのが唯一の欠点です。

 

After20やShuffle!!はシナリオ的にはニュージェネレーションズより好きですが、いかんせんシンデレラををそれなりには知ったことがある人向けなのが難点ですね。掘り下げとしては上手いですが、シンデレラガールズ新規がこれでハマるかというとNOですね。本日のアイドルさんは、うーんできのいいアンソロジーレベルで初心者は手を出すべきではありません。

 

公式コミカライズのレビューとしてはこんな感じです。また新作が投入されて評価が変わりましたら追記しますね。