The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

ラブライブ!サンシャイン!!アニメ2期1話「ネクストステップ」~廃校阻止もラブライブ!も最後まであがけ!~

アニメラブライブ!サンシャイン!!の感想です。2016年に1期の感想を書きましたが、2期も1期同様に感想や考察を書いていきたいと思います。

記事の作者:笹史(@sasashi1992)

 未試聴の方はコチラから、是非どうぞ。

www.youtube.com

お品書き

 

 

 1.2期視聴のスタンス

視聴環境としては、1期同様に土曜22:30でリアルタイムで観られる状況にあるのでそこで視聴していこうと思います。 感想記事の内容としては、1期同様に「ラブライブ!サンシャイン!!」だからという理由だけでわけもなく叩くということだけは決してしないつもりでいます。逆に愚にもつかない点は擁護することも決してなく、徹底的に批判したいと思います。

 

もしも、低レベルなシナリオが続くならば、視聴打ち切りもあり得ます(逆に作画・曲はそれほど重視していません)。特に1期放映当時より多忙な上、コンテンツ自体へのモチベーションも下がっているので視聴打ち切りの可能性はそれなりにあります。

 

2.視聴した感想

A. アバン

高海千歌が1期13話の『MIRAI TICKET』 のライブシーンから転落するシーンです。転落シーン自体は、お約束の夢オチなんですが。。夢オチで無く現実でこんなことが起きたら、2期は即完結してしまいますし。今後の展開が明るいものでないことが開始1分で分かってしまいます。

f:id:sasashi:20171009123702p:plain

よく考えると2nd Seasonから見た視聴者は完全に置いてけぼりなシーンですが、2期から見るような物好きははまずいないでしょうが。

 

「2nd Season のスタート」とメタ発言する、生徒会長です。メタすぎる気もしますが。

f:id:sasashi:20171009124223p:plain

 

全国大会には進めなかったものの、入学説明会の希望者が0→1→10になったので、もう一回ラブライブに出て廃校を阻止しようと決意する千歌です。残念ながら、その決意はアニメ時間にして数分後に「理不尽」にも打ち砕かれるのですが。それ以前に、説明会希望者であって入学希望者ではないのですが。

f:id:sasashi:20171009132345p:plain

B.新オープニング

 1期のオープングとは一見して似ているようで、かなり趣が異なるオープニングです。 www.nicovideo.jp

明るい曲調の中に物悲しさが隠れており、μ`s2期とは異なった今後の展開を示唆しています。μ‘s2期はシリアスが足りない、キャラがキャッキャしているだけという批判がありましたが、Aqours2期ではそのような批判は無縁になりそうです。

2期opのCDを購入した感想記事

 

参考までに、1期のオープニングは

 

www.nicovideo.jp

2期のオープニングと比較すると、基本的に明るい雰囲気の曲調ですね。

 f:id:sasashi:20161224222713g:plain

 こういう3年生の問題点を示唆する暗いシーンもありましたが、基本的には明るさを強調してありました。

 

1期とは対照的に2期は、暗い展開が少なからずあることがopまでで分かってくるわけです。早速、Aパートでいきなり特大の爆弾が降ってくるわけです。

 

C.AパートとBパート廃校決定のシーンまで

f:id:sasashi:20171009133105p:plain

廃校決定を告げられるシーンです。AパートからBパートの最初らへんまでは、廃校決定うんぬんが唯一の本筋でしょう。鞠莉の父親から告げられた、「説明会中止、統廃合決定」という宣告。廃校を告げる父親側の台詞,描写が全くない(男性キャラを登場させない方針もありますが)のが、却って「統廃合」が地震のような自然災害のように生徒サイドではどうすることもできない「理不尽」であるという描写になっています。

 

D.Bパートラストまで

f:id:sasashi:20171009134621p:plain

「もしも全国大会に出場していたら、廃校を食い止められていたのかな」という千歌のモノローグが、いかにも進研ゼミの勧誘漫画のバッドエンド(進研ゼミに入らなかった場合)のようです。

f:id:sasashi:20171009134946j:plain

 

 

しかし、なんだかんだで「キセキ」を起こして廃校を食い止めようとする方法を模索する方向に向かうことになる9人です。ここで、廃校を完全に受け止め、思い出づくりに徹しても2期は成立するっちゃするのです。ただ、μ`s2期と方向性は似てきますが。しかし、あえて「理不尽」に対抗する道を選んだのがAqours2期の大きな根幹となりそうです。

f:id:sasashi:20171009135833p:plain

 

このシーンも今後はネタ扱いされるのでしょうが、逆上がりという「キセキ」を示唆する大真面目なシーンです。

f:id:sasashi:20171009135906p:plain

 

ここからは個人的な持論ですが、学校は学問の場である以上、廃校阻止するには、ラブライブ優勝よりやるべきことは、教師の首を挿げ替ることとおもいますが。理事長が現役生徒なのもギャグ描写でも何でもなく、周囲の大人の無能さの表れにしか思えません。大人の影の薄い音ノ木坂でさえ、理事長は(生徒の親とはいえ)大人でしたし。

他のブログでも、ラブライブ優勝と廃校阻止が両立せず、廃校を阻止するには

それはつまり、浦の星女学院が廃校を阻止するためには、Aqoursが学校のランドマークとなるだけじゃ足りないということです。

学校そのものの構造改革が必要です。

校則や校風、学校の授業もある程度偏らせれば可能性はあります。

現実的なのは、ミッションスクールということを生かし、留学生を沢山呼び、外国語系の高校にするというものでしょうか。勿論、オハラグループ全面協力で。Aqoursは「廃校阻止」と「ラブライブ優勝」のどちらかを切り捨てる必要がある - 朝靄とネクタイ

学校自体にメスを入れないといけないと主張してあります。千歌たち9人のキモチに釘をさすようですが、この主張には同感です。廃校阻止したければ、はっきり言ってスクールアイドルなんてやっている場合ではありません。2期の音ノ木のように廃校阻止が決まって、最後の思い出づくりにラブライブ優勝!ならまだしも。最もμ'sアニメ2期の時はあれはあれで消化試合とか言われてましたのが。

 

 うん、廃校阻止とラブライブ優勝の問題は別記事で語るかもです。

エンディングです。これもいい曲です。余談ですがμ`sアニメと違い、いきなり2期1話からエンディングなんですね今回。

 

 

 

 

2期2話「雨の音」に続きます。 雨というだけで暗そうなタイトルですね…

f:id:sasashi:20171009142151p:plain

 

(2538字)