The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

「定年」「悠々自適」は今や死語! 働いても死ぬまで楽にならない時代の到来だ! 

「定年」「悠々自適」って言葉は今や無縁なんでしょうね…

f:id:sasashi:20180519124654g:plain

定年存続派の笹史(@sasashi1992)です! 

安倍政権は、「働き方改革」と称した「働き方改悪」ばかりやっていますが、今度は高齢者に冷たい労働制度を作るようです。

 

キャリコネニュースの記事によりますと、65歳以上でも働けるような環境整備を作るらしいですが

安倍晋三首相は5月16日に開かれた第7回人生100年時代構想会議で、65歳を超えても働き続けられるような制度の検討を厚労省に指示した。安倍首相は現状の高齢者について「知的能力も高く、65歳以上を一律に高齢者と見るのは、もはや現実的ではない」と述べ、

「高齢者の働く機会は年功序列的な一律の処遇ではなく、成果を重視する評価・報酬体系を構築することで広がっていく。これらの取組みにより、65歳以上の将来的な継続雇用年齢の引き上げに向けて環境整備を進めていく」

という方針を明らかにした。

「65歳以上も働ける制度を」安倍首相の方針に冷ややか目線 「本音は年金支給の先送り」「死ぬまで働けって感じで怖いわ」 | キャリコネニュース

 はっきり言って誰も幸せにしない改革でしょう。それはともかく、定年延長やらと人手不足のせいか高齢者を働かせようとする一方で「定年」「悠々自適」は今や死語!と感じたのでそれについて記事を書いてみようかなと。

 

 お品書き

高齢でも働かないと生活できないから働かないといけないんだよ! 

2013年に、内閣府が全国の60歳以上の男女約3000人を対象に実施した調査によると、「65歳を超えても働きたい」と答える人は7割に上っている。また、2016年に三菱UFJリサーチ&コンサルティングが全国40歳以上の男女に実施した調査では、高齢者就労に関して国が取り組むべき施策として最も多く支持されたのは「企業が65歳以上の人を雇用するインセンティブ作り」(39.1%)だった

こうした調査を踏まえると、65歳以上でも働ける制度の構築は、実状に即しているとも捉えられる。しかしネットでは、年金制度への不安からか、方針に反対する意見が目立つ。

「毎度うまいことを言うけど本音は年金支給の先送り制度でしょ?成果報酬となれば多くの業種で高齢者は不利」
「今の60代なんてまだまだ若いけど、死ぬまで働けって感じで怖いわ」

 上の引用部を見てますと、高齢者がいかにも働きたい、企業も働く環境を整備しろ!という風潮に思えてきますが、実情は違うでしょう。終身雇用の崩壊や給与・退職金の減少や廃止、増税、挙句の果てに年金受給の引きあげ等が重なって、仮に定年が来ても悠々自適と生活する余裕が無いから老体に鞭を撃って働いているにすぎません。つまり、高齢者サイドからみたら何のメリットもありません。

 

青字部では、ネットで批判的な意見がありますがどれも真っ当すぎてケチのつけようがありません。

 

ここら辺の死ぬまで働け!という点は、過去記事である

「終身労働」到来!~高齢者の定義が75歳以上という現実に立ち向かえ!~ 

 で詳しく掘り下げているので併せてどうぞ!

 

若者も雇用を奪われるので反対すべし!

高齢者の雇用を確保することで、「ますます若者の働く枠が減るな」と心配する人もいた。

 さらに、高齢者が終身労働状態になることで、若者も困ります。今は人出不足(これも疑う必要が有りますが)なので就職活動なども就職氷河期より苦労せずに入社できているため、働き方改悪という致命的な政策があろうと若者の安倍政権支持率が未だに高い状況です。

 

しかし、高齢者が終身労働で働かされるようになってしまうと、「定年延長された高齢者に雇用が奪われてしまう」ことで就職難になったり、「定年延長で死ぬまでこき使われる」という2重苦が発生するでしょう。もちろん高齢者がいなくなった時(寿命)に備えて次世代の企業を担う若者は必要なはずですが、近視眼的な視野しか持たない現代の企業に若者の採用など望むべくもありませんので単純に枠が削られるでしょう。

 

 

終わりに:悠々自適な生活を送りたければ自衛せよ!

 65歳以上から働けるように環境整備≒定年延長or定年廃止とみてよく、高齢者だけでなく若者にとっては就職は高齢者が居座るせいで氷河期が常態化し、やっと入社したら残業代なしで働かされて(高プロ)、高齢で体にガタが来ても引退できずに鞭打って働く羽目になります。

 

もはや、会社に頼っていては悠々自適な生活はあの世までお預けとなってしまうのは確実でしょう。これからは悠々自適な生活を送りたければ、会社の給与収入に頼らず地震でサイドビジネスなどを持ち自衛することが必須となります。

社会不適合者は脱社畜を目指せ! フリーで稼ぐ生き方をまとめてみた

 

具体的な自衛ノウハウとしては社畜に頼らず収入源を得る手段を121紹介している、

という本がおススメです。

「寝ながら稼ぐ121の方法」感想記事:子どもでさえ稼ぐ手段に!~『寝ながら稼ぐ121の方法』~