The ブログ

万物の社会不適合者よ! 集え!

人手不足な企業は責任転嫁するな!という話

わざわざ激務薄給な企業を選ぶなんて馬鹿でも選びません。

f:id:sasashi:20180108221315j:plain

 

笹史(@sasashi1992)です! 今回は人手不足な企業について取り上げていきたいと思います。

 

 

キャリコネニュースを見ると全体の65%の中小企業が、人手不足で働き手が足らないと嘆いているというニュースがありました。それによると、

「人手が不足している」と答えた企業は1737社で、全体の65%。昨年より5ポイント増えた。人手不足と答えた企業の割合は4年連続で上昇しており、働き手確保の難しさがうかがえる。

業種別では、「宿泊・飲食業」(79.1%)が最も深刻で、「運輸業」(78.2%)、「建設業」(75.6%)が続いた。

人手不足の中小企業は約7割 飲食・宿泊業で深刻「欲しい人材が地域にいない」「スキルアップすると東京に行ってしまう」 | キャリコネニュース

 

人手不足の業種のトップ3が予想通り、奴隷扱いされると評判な業界がそろい踏みですね。業界を見ただけで、大体人手不足の理由は予想がつくと思います。そう、「薄給激務」だからです。激務薄給な企業に就職する人ははっきり言って馬鹿でもありません。ただのマゾヒストです。

 

結論としては、中小企業が人手不足になる原因はその企業が激務薄給だからである!

それで、終わりでも良いのですが人手不足であると企業が感じている理由が秀逸だったので掘り下げたいと思います。

 お品書き

 

人手不足の理由が全て待遇が悪いで終わる件

人材確保できないという言い訳が企業からたらたらと上がっていますが、全て根っこは1つです。

人材を確保できない理由として考えられることを複数回答で聞くと、「自社の立地する地域に求めている人材がいない(人口減少や大都市圏への流出等でそもそも人がいない)」が56.8%で最も多かった。次いで、「自社が属する産業・職種に魅力がない」(42.9%)、「入社した人材がミスマッチを感じて退職してしまう」(36.2%)、「自社の働き方に魅力がない(労働時間が長いなど)」(34.4%)などが挙がっていた。

 はっきり言って全て、『激務薄給だから人が来ません、ごめんなさい!』を言いたくない「謝ったら死ぬ病」にかかっているからの必死の言い訳に過ぎません。

 

1つ1つ論破していきます。

 

ア. 自社の立地する地域に求めている人材がいない(人口減少や大都市圏への流出等でそもそも人がいない)」

自社の立地する地域に求めている人材がいないからだそうですが、そもそもその要因は、根本的には満足な待遇な仕事が無いからです。その結果仕方なく都会へ行ったり、地元に残っても子供をつくれるほど収入が無いから人口が減少したりするのです。そうして生活が不便となり、ますます人が流出して需要と供給の需要が減少するので企業も利益が出せなくなり、また流出という悪循環となるのです。

 

イ.「自社が属する産業・職種に魅力がない」

大半の人は魅力があろうと無かろうと、生活のために働くので魅力が云々とか関係ないでしょう。むしろ魅力が無いどころか汚れ仕事でも給与が高いから、その仕事を選択する人は少なからずいるわけで、魅力がないと自覚しているならせめて給与だけでも高めて、給与目当ての人でもいいので確保しろといいたいです。

 

そもそも魅力があって、参入者も多いものの薄給激務な業界なため離脱する人が多い業界もあるのですから、魅力と離職率は無関係と言いたいですね。

 

ウ.「入社した人材がミスマッチを感じて退職してしまう」

ミスマッチに関しても、人間関係面や仕事内容など様々でしょうが、待遇面でのミスマッチも多々ある筈です。なんだかんだ言っても給与が少なかったり、休みが少ないと長期間働けないと不満を覚えるのが人間です。逆に人間関係が多少辛くても、仕事が単調でやりがいが無くても給与が良かったり、土日が完全に休めるといった待遇面で恵まれていれば仕事は仕事と割り切って続けていける人も多いものです。

 

私の場合でも、入社後に思っていたより休めなかったり、タイムカードを押さずに出勤した結果、結果的に3時間のサービス残業などのミスマッチがあり会社を辞めたくなったこともあります。

 

 

 エ.「自社の働き方に魅力がない(労働時間が長いなど)」

まあ、理由としては間違ってないです。働き方に魅力がない≒待遇が悪いということですが。最も人手不足業界TOP3に関しては「労働時間が長いなど」ではなくストレートに薄給激務だからですが。

 

しかしこの理由が第1位に来ないとは経営者は、自分の会社に人が来ないのは仕事がきつくて給与も少ないのからという見たくない現実から目をそらしているのでしょうか。そりゃ、経営者側からしたら安い給与で長時間働かせた方が有利に決まってますからね。労働者側からしたらたまったものではなく、経営者と真っ向対立するものですが。

 

 

 終わりに:激務薄給でこき使われるような、人手不足な企業には近寄るな!

そんなこんなで人手不足な原因としては、結局のところ薄給激務だからというのに落ち着きます。これを魅力がないだと、人口が少ないだと文句を言うのは高い給与と多い休日を労働者に与えたくない経営者の言い訳に過ぎません。

 

労働者側からしたらそんな企業は、理由が何であれ薄給激務な企業でしかありませんので忠誠を尽くして働く必要はどこにもありません。忠誠なんかしても見返りは無いですし、仮に見返りがあったとしてその前に過労死でサヨウナラなのがオチです。

 

ですので、激務薄給でこき使われるような人手不足な企業で働いているならば

ニートやフリーターを脱出したい人に研修やインターンのある就職支援を紹介する! 

社会不適合者が就職のレールに乗るためのサービスを集めてみました! 

社会不適合者でも2人3脚で就職を目指せる、転職エージェントを紹介します! 

といったサービスを使って人手不足企業とはオサラバすべきです。

 

また、新卒でも人手不足な会社に入ってしまうと激務薄給で働かされて新卒カードを無駄に使ってしまうことになるので慎重な会社選びが必要となります。

リクナビ,マイナビ以外で就職に役立つサービスを紹介してみる!【新卒向け】

 

このようなサービスを駆使して人手不足企業に引っかからない就職・転職を目指しましょう!